債務整理

任意整理は家族にバレる?【私が家族に内緒で借金返済した方法】

 

まめちち
まめちち
任意整理をして借金返済中のまめちちです。

・約400万円近い借金があった

・月々の返済は10万円のリボ地獄

・利息ばかりで元金が減らない生活

をしていました。

男性A
男性A
・任意整理って債務整理のこと?

・任意整理は家族にバレる?

・任意整理って勇気がいる・・

と、借金で悩みを抱えている方の疑問を解決できる記事になっています。

なぜなら、これから紹介する『任意整理についての事』は全て私の体験談であり、約400万円あった借金を順調に返済できているからです。

記事前半では『任意整理とは何か』を解説し、記事後半では『実際に任意整理をした体験談』を解説します。

この記事を読み終える事で『任意整理とは何か』を理解できるだけでなく、借金完済に向けて少し勇気が湧いた状態になります。

債務整理とは

まめちち
まめちち
私が手続きしたのは任意整理なので、任意整理について詳しく説明していきます!

債務整理には4つの方法があります

  1. 自己破産
  2. 任意整理
  3. 個人再生
  4. 特定調停

【自己破産】・・・借金が多額になってしまい返済ができなくなってしまった時に、借金をゼロにして再出発のチャンスが貰える法的手段

【任意整理】・・・弁護士が私達の代わりに債権者と交渉し、法律に基づいた方法で計算し直し不当な利息(不当利得)を返してもらったり、払いすぎた利息(過払い金)を返してもらう方法です。返してもらう利息がなかった場合、合意和解の上で利息免除などしてもらい残債を分割返済する法的手段

【個人再生】・・・自宅や所有物件などの不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してゆとりある分割返済をしていく法的手段

【特定調停】・・・裁判所のもと調停員が仲介に入り、法律に基づいた方法で計算し直し、元金の減額、利息カットを協議和解して余裕のある分割返済をしていく法的手段

 

債務整理のメリット・デメリット

まめちち
まめちち
それぞれのメリット・デメリットがあるので、自分で後悔しないような選択をできるといいね

 

デメリット

【自己破産】

  • 信用情報の事故情報に10年間登録
  • 生活必需品以外の財産は処分
  • 自己破産の情報が官報に載る
  • 公的資格が一時的に制限される

【任意整理】

  • 信用情報の事故情報に、完済から5年登録
  • 収入がないと利用できない
  • 全ての借入先が対応してくれるとは限らない

 

メリット

【自己破産】

  • 債務整理の中で最大のメリット《借金がゼロ》になる

【任意整理】

  • 過払金や不当な利息があった場合は借金が減る
  • 残したいクレジットカードは残せる
  • 元金のみの返済にできる可能性がある

 

債務整理をすると借金がチャラになる?

全てがチャラになるわけではないです。

完全にチャラにするのは自己破産だけで、その他の手続きは減額や利息免除になるのでチャラにはならない。

 

債務整理をするとブラックリストに載る?

債務整理のどの手続きをしたとしても、いわゆるブラックリストに載る事になります。

実際にそんなリストアップがされてる訳ではなくて、信用情報に「事故情報」として載る感じですね。

 

ブラックリストに載るとクレジットカードは作れない?

まめちち
まめちち
一生、絶対に作れないという事はないよ

自己破産であれば10年間、任意整理であれば完済から5年間は信用情報の事故情報に登録されます。

どちらもブラックリスト入りしている間はほぼ審査は通らないです。しかし、携帯電話の分割程度であれば通る可能性もあるとは思います。(携帯電話は生活に必要なものなので、各社独自の審査がOKなら分割できる可能性が高い)

 

任意整理後の審査について実際に法律事務所で聞いた話によると、信用情報から消えたとしてもそれぞれの『社内情報』には残る可能性が高いので、和解した会社のカードは再び作るのは厳しいとの事でした。

信頼してお金を貸したのに、結局利益となる利息部分の支払いをしなかった人に再びお金を貸すような人はいませんもんね。

ただし、自己破産であれば10年以上、任意整理であれば完済から5年以上経過していれば、履歴は削除されるので通常通り審査をしてもらえます!

 

任意整理する時のポイント

まめちち
まめちち
任意整理は返済能力がある人のみ利用できるよ
任意整理できる条件
  • 安定した収入があること
  • しっかり返済していく意思があること
  • 原則3~5年で返済できること

収入がない場合には任意整理はできません。収入がなくて支払いが苦しい、債務整理したいという場合は自己破産を勧められると思います。

 

任意整理の特徴
  • 弁護士事務所と契約した直後に請求は停止する
  • 全てのローンやクレジットカードを任意整理するのではなく、どれを任意整理するのかは自分で選べる
  • 残したクレジットカードは継続して使用できる(有効期限の更新時に再審査で更新されない可能性はある)
  • 契約したばかりのローンやクレジットカードの任意整理は、不利な条件での和解になる可能性がある(私は1社だけ、1回目の支払いをした後に和解すると伝えられ待ちました)
  • 法律で決まりはないので何度でも任意整理できる(ただし、和解の条件が悪くなる可能性)

 

債務整理は家族にバレる?

まめちち
まめちち
任意整理は隠し通せる可能性がある

自己破産と任意整理の、家族や他人にバレる可能性をお伝えします。どちらも《絶対にバレない》という保証はありません

もし任意整理したいクレジットカードやローンに保証人がついている場合は、本人が任意整理をすると保証人に請求がいくのでバレます。保証人にも任意整理の手続きをしてもらう必要があり、保証人の信用情報にも記録が残ります。

 

家族にバレるかもしれない可能性を紹介します

自己破産
  • 不動産や車などの財産を手放さなければいけないため
  • 給与明細、通帳のコピー2年分、家計簿2ヶ月分の提出が必要になるため、準備段階でバレる可能性
  • 官報(政府から一般国民への広報)に掲載される為、知人の目に留まる可能性(一般の人が見る事はほとんどありません)
  • 裁判所へ出向くのにバレる可能性

 

任意整理
  • 弁護士さんとコンタクトを取る時
  • 支払い履歴を見られた時

 

自己破産に関しては、既に自己破産している状態で結婚した場合などはバレる可能性がグンと減ると思います。

しかし、自己破産の手続きの段階で隠し通すのは難しいんじゃないかな?と個人的には思いました!

任意整理については、私は彼氏と同棲中に手続きをしましたがバレませんでした。正直、結婚していてもバレなかったんじゃないかな?と思います。

特にパートナーに連絡がいく事もなく、事務所に出向いたのは2度。郵送物が届いたのも2度だけで、郵送する前には連絡をもらい女性の個人名で送ってもらったので、全くバレませんでした。

 

依頼する事務所の選び方

男性A
男性A
どこに依頼しても同じじゃないの?
まめちち
まめちち
うん、私もそう思ってたんだけど、今思えばよく考えればよかったなーと思ってるよ

任意整理にかかる費用

費用は事務所によって違うので『高すぎる』と感じたら即決せずに、調べるか別事務所で見積もりしてもらう

事務所費用が高すぎる場合は、下手すれば『今後支払う利息とほとんど変わらない』という可能性もあります。その場合はブラックリスト入りするデメリットを背負ってまで任意整理をするべきなのか、よく考えたほうがいいです!

 

事務所の交渉実績

自己破産の場合は『免責が許可されるか』、任意整理の場合は『和解が合意されるか』が重要になります。やっぱり納得のいく債務整理をするなら、実績は大切なのかな?と思います

 

意思を尊重してくれるか

「家族に内緒がいい」と考えている人は、最初の相談の段階でどのような考慮をしてくれるのか確認した方がいいです。

 

私の場合は、すぐにでも手続きしたいという気持ちが強く1ヶ所に相談してそのまま契約しました。担当者は弁護士ではなく最近転職してきた法律の知識の浅い人。重要な説明の時だけ弁護士さんが出てきて説明があったものの、不安が残ったのと説明が不十分だったような気がします。あとは、費用が高く感じました。

 

\無料メール相談してみよう/

 

債務整理に実際かかった費用

まめちち
まめちち
事務所は費用によって違うみたい

弁護士事務所に払った費用は約45万円

私は絶対に彼氏にバレたくなくて証拠隠滅のため契約書類を全て捨ててしまったから明細が手元にないんですが・・

任意整理をするのに1社につき◯◯円というような設定をしている事務所がほとんどです。

費用が変動するポイント
  • 1社あたり1~3万円が相場で差がある
  • 支払いを事務所が代行振込みするか、自分で振込むか
  • その他、事務所独自の手数料がある

 

債務整理後の支払いに関して、事務所に一括で振込んでそこから各カード会社に返済をしてもらうのであれば別途手数料が発生してきます。

私も最初の1年くらいは事務所へ振込み返済をしてもらっていましたが、1社につき1000円の手数料を支払っていたため自分で振込む事に変更しました。

6社分あったので手数料だけで6000円ですからね・・自分で振込みをしても、振込手数料は全部で1000円以下なので圧倒的に安いです。ただし、自分で返済していく自身がなかったり忘れてしまうようなら事務所へお願いした方がいいので、よく考えてみてください!

 

債務整理(任意整理)の手続きの流れ(依頼した側)

まめちち
まめちち
和解が成立するまで3~6ヶ月かかるよ

 

相談、見積もりをする

何社分の任意整理をしたいのか、残債はどのくらいか、何年支払いしているのか、月々の支払いはいくらか、現在の収入状況などを伝え、任意整理が可能かどうかの相談をします。

この時に、事務所に支払う手数料の金額の説明もあるはずなので、気になる事は確認するようにしてください。私が実際に質問した内容は次の項目で載せますね!

 

弁護士との委任契約、着手金支払い

私は相談に行きその日に契約しましたが、時間に余裕があるのであれば数箇所に相談に行って決める方がいいかもしれません。『どこでもこのくらいの手数料だよ』と言われたのを鵜呑みにしましたが、後々調べると費用が高かったので。

着手金は契約当日に支払うケース、期日までに振込み、着手金がない場合もあります。

 

和解交渉の結果を待つ

 

契約をしてからは特に何もする事がなく、和解交渉完了の連絡を3ヶ月ほど待ちました。弁護士事務所と債権者との間で、開示請求や支払い回数の交渉などが行われ、和解交渉が終了するまでには3~6ヶ月程度は時間がかかるそうです。

私は6社分で、なおかつ全社がスムーズに交渉できて3ヶ月でした。

 

支払いスタート

支払い開始のタイミングについては、弁護士事務所によって変わってくるようです。弁護士費用を最初に一括で払うのか、任意整理の支払い回数分に分割して払うのか、和解交渉中は弁護士費用を支払いその後に返済金支払い等。

委託契約後に和解交渉が始まると、これまで支払っていた借金の返済がストップします。その支払うはずだった毎月の返済額を、そのまま弁護士費用の支払いに回す事になったりします。

私の場合ですが、任意契約時に決めた毎月の支払い額を次の給料日から弁護士事務所に支払いました。最初の数カ月分は借金返済ではなく弁護士事務所費用に充当され、次に借金支払いに使われるといった感じです。

なので、任意契約してからずっと同じ金額を弁護士事務所に支払っていただけなので、本当に任せっきりでした!

 

任意整理した後の現在の生活

まめちち
まめちち
これまでと変わらず生活できてるよ

クレジットカードを全て任意整理したので、デビットカードを作りました。クレジットカードのようにたくさんのポイントは貰えませんが、特に不自由な生活になる事はありません。

任意整理後、家族にバレたかどうか

債務整理した当初同棲をしていた彼氏にはバレませんでした。その後も誰にもバレる事なく生活しています。結婚したので旦那にだけは自分から話しました。

 

任意整理後、クレジットカードは作れたか

返済完了後5年はブラックリスト情報が残ってしまいます。まだ返済中のため、審査をした事がありません。申し訳ないです。

 

任意整理後、支払いが遅れたら?

基本的に2ヶ月連続で返済が遅れた場合は、和解が解消され残金一括で支払う事になる可能性が高いようです。

私は数日遅れた事がありますが、すぐに債権者から連絡が入っていました。(連絡がなかった会社もありました)

しかし、1ヶ月遅れた程度で和解解消とはなりませんでした

 

任意整理後の借金返済方法

最初は弁護士事務所に振込をして、弁護士事務所から各債権者に返済をしてもらっていましたが、手数料が高すぎたので自分で返済する方法に変更しました。

事務所へ振込の時は支払い困難になった時の為に事務所で積立(プール金)をしてくれる費用も含まれていたので、手数料と積立分が減り毎月の支払いが2万円ほど安くなりました!

しかしプール金がないので、自分でしっかりお金の管理をして返済できないのであれば事務所にお任せした方がいいかもしれません。

 

ちなみに、返済方法を変更した時点で事務所にしてもらう仕事はなくなったので、委任契約がここで終了となりました!

返済が滞るなどのトラブルがない限りは、事務所の契約がなくなっても特に不便な事はないと思います。

 

任意整理をしてみた感想・伝えたい事

まめちち
まめちち
後悔はしていない、でももっと慎重に契約すればよかったかな

数年間のリボ地獄を終わりにしたくて任意整理をしました

これまで『いつまで借金が続くんだろう』と思っていた生活から抜け出し、生活を立て直せた事は本当にメリットだと感じています。

任意整理をしていなければ、今もまだ借金に悩まされていたと思います。

全てのクレジットカードを債務整理をする事で、今後『絶対に自分の給料だけで生活と借金返済をしないといけない』という意識が強く芽生えました。

もうどこからも借りる事ができない状況を作るのが、私にはとても有効でした!

厳しくなったらまた借りて返済したらいい』と思っている人は、自分1人の力で返済していくのは厳しいです。

実際私がそうだったので。

ちゃんと返済して、今後は借金とは無縁の生活を送りたいと本気で思っているのであれば、ブラックリストに載ってでも債務整理を検討してみてください!

借金のない人生、取り戻してください。

3~5年以内に完済する条件でないと任意整理はできないので、返済自体が厳しいのであれば自己破産を相談してみるのもいいと思います。

借金返済期間が10年以上ある場合には過払い金があるかもしれないので、まずは最初の1歩として無料相談してみてください♪

任意整理について:まとめ

まめちち
まめちち
まずは一歩踏み出して相談を!
  • 借金問題から抜け出したいなら債務整理の相談を!
  • 任意整理は家族にバレない可能性が高い!
  • 事務所費用はできるだけしっかり検討する!
  • 債務整理後の生活は、至って普通!

弁護士事務所なんて人生の中で無縁だった所だし少し怖いって感じてませんか?

私は相談するのにとても勇気が必要でした。何を話せば良いかもわからない、他人に借金の話をするなんて恥ずかしい、自分の借金がいくらなのか・いつから支払っているのかもはっきりわからない、そんな事を考えて自分だけで借金問題を抱えていました。

借りている会社さえわかっていれば、弁護士事務所からの開示請求で詳細は判明しますし、弁護士さんは借金問題に慣れているので堂々と相談すれば大丈夫です。

債務整理を決意した時の気分はとても晴れ晴れしていました。

少しでも借金問題から解放される人が増えますように。

まずは、一人で悩まず相談です!!

\無料メール相談してみて/